少子化問題を解決するためにまず結婚率の改善を

最近は結婚できない男性が増えてきています。
年収が300万円にも満たない層が増えてきて、彼らは始めから結婚を諦めてしまっているわけです。
こうした人達が増えれば、さらなる少子化が進むだけなので、政府としても何らかの対策は取らなければならないでしょう。
現在取られている対策は、それほど多くはありません。
地方で婚活パーティーをしたりするのが関の山であって、個人に結婚を強く要求することもできないので頭の痛い問題として残り続けています。
最低賃金をアップさせることも効果はあると言われていますが、もっと抜本的な改革が必要になってくることでしょう。
働き方の多様化を進めるのもいいですし、各種補助を強化するのもいいですが、それも社会から反発のない範囲でしかできません。
結局は、結婚をしたほうが幸せになれるのだという社会的な風潮を構築することが大事なのかもしれません。
もちろん、海外の少子化問題を解決しつつある国の施策を参考にするのは賢い方法になります。

Copyright©結婚 All Rights Reserved.

結婚